快適な生活のために自分にピッタリの物件を探そう。

住宅に関する疑問は
不動産で解決しよう

契約の際に注意する事

賃貸契約で注意するべきこと

賃貸契約は借主と貸主の間で、物件の賃貸をすることですが、実際には多くの場合、借主と貸主の間に仲介人として不動産会社が入るのです。 ほんらいであれば仲介業者を間に入れずに契約が出来れば便利ですがなかなかそう簡単にいかない理由があるのです。 借主としては現地へ行くにしても、どの物件が誰のものだかわかりにくいため、貸主を探すのは容易ではありません。また、貸主も借主を見つけるためには広告を出したり、営業マンを雇う必要があるため、人件費を含めた莫大な経費がかかるのです。 そのように考えると仲介業者の存在はとても便利ですが、仲介業者が間に入ることで、家賃の一ヶ月分に当たる手数料をはらわなければいけなくなりますので注意が必要です。

知っておくと良い情報

一人暮らしでワンルームを借りる場合、最近は様々な形態の賃貸物件があります。これは、ワンルームを借りる世代が昔のようにワンルームを借りなくなったため、創意工夫の結果さまざまな種類のものが出てきています。最近はやりの賃貸物件のひとつにシェアハウスと言うものがあります。これは、一つの住宅を共通点がとくにみあたらない複数人(と言っても5、6人程度)がひとつやねの下に住むというものです。 基本的にどの部屋もワンルームと同じく壁で仕切られていますが、風呂やトイレ、流しは共同になります。このようなシェアハウスは、都心部ではやっており、中古の住宅をリノベーションして作られていることがほとんどです。 そのため、内装もとても綺麗で、20代を中心に人気があるようです。